日本に関する10の興味深い事実:伝統と名誉の地

日本に関する10の興味深い事実:伝統と名誉の地
日本では、鶏肉、ウサギ、そして...ペニス祭りがありますか?まあ、あなたがそれをより近くで見るならば、目に会うよりもはるかにそれがあります。読んで見つけてください!

日本は歴史が単なる言葉ではなく、生活の本質的な部分である国です。サムライから第二次世界大戦への関与まで、すべてが楽しいものではありませんでしたが、6,800以上の島々で構成された国では、見ることやすることがたくさんあるのも不思議ではありません。

また、西洋人が知らない日本についての多くの事実があり、この魅力的な場所を素晴らしいものにしているものがたくさんあります。出産を祝う休日の伝統や祭りから、数千年前にオープンしたイノベーションやホテルまで、それには多くの明確な側面があります。それらはすべて非常に興味深いものです。

そして、私たちを信頼してください。すべてを1つの記事に収める方法はありません。さらに、いくつかのことは、おそらく直接会うほうが良いでしょう。このリストを読んで、日本への旅行を予約して、それが本当に提供するものすべてを見てみませんか?テレビで見る以上のものがあります!


1.日本人はKFCが大好き…クリスマスディナーに

ソースソース

多くの西洋人は、七面鳥やハムをクリスマスディナーの定番と考えていますが、一部の場所では、これらの食品がすぐに手に入りません。 1970年代の広告キャンペーンの成功により、日本人はケンタッキーフライドチキンに夢中になります。

そのため、同社は10月にクリスマスバケットの予約注文を取り、家族がブロックを囲んで食料を調達します。七面鳥はすぐには手に入らないため、フライドチキンは次善の策となりました。

2.日本は100歳以上の人の2番目に多い

ソースソース

アメリカには100歳以上の人が多いかもしれませんが、その理由の一部は単にアメリカの市民数が多いためです。一人当たりで見ると、日本は実際に100歳以上の人口の割合が高いです。


事実、彼らには約5万人の人々がおり、100代であることを誇らしげに主張できます。日本の平均余命は82.9で、これも米国よりも長いです。その理由の一部は、彼らの非常に効率的な医療システムと健康的な生活を促進する文化です。

3.日本には、1,400年以上にわたって運営されている企業を含め、世界で最も古い企業の多くがあります。

金剛組は日本の建設会社であり、2006年に他の会社に吸収されるまで、なんと1,400年間操業している世界最古の会社であるという記録を保持しています。彼自身のビジネスを始めることにしました。

金剛組は、大阪城を含む歴史を通じて多くの有名な建物に関与していました。そして、それは日本からの唯一の古いビジネスではありません。実際、世界で最も古い企業の多くは、700年代にオープンしたいくつかのホテルを含め、日本にあります。


4.日本には世界で最も古いホテルがあります

ソースソース

西山温泉京雲館は、705年にオープンした温泉ホテルで、ギネス世界記録に基づいています。世界で最も古いホテルであり、現在も営業している世界で最も古い会社です。はい、まだ公開されています。

ホテルは開業以来、50世代を超える同じ家族が経営しており、スタッフでさえ世代を超えて受け継がれているポジションを誇っています。スタッフはホテルを今後何年も維持することを約束しており、そのため、宿を保護したいという揺るぎない欲求が世界中のホテルの注目を集めています。

ああ、私たちはかつて日本人の武士がこのホテルに泊まったことも言及しましたか?見るだけでも特別な旅行にふさわしいもののように聞こえますか?

5.日本の列車は、世界で最も時間厳守のものです。

仕事に就くために電車に依存している多くの人々にとって、それが決して遅れることは決してないという考えは、日本を除いて単に前代未聞です。彼らは乗り継ぎを非常に真剣に考えており、列車が常に時間通りに運行していることを確認するための厳しい基準が設けられています。

典型的な遅延の概念を示すため、2012年の東海道新幹線の平均遅延はわずか0.6分でした。はい、数秒です。そして、列車が数分でも遅れると、車掌は遅れを謝罪し、会社は上司に「遅延証明書」を発行する場合があります。

結局のところ、このような国ではなく、列車の遅延のためにあなたが遅れたと誰も信じないでしょう。

6.仕事で寝ていても大丈夫

ラップトップで寝て疲れている女性

日本人があなたの机で寝ても気にしないだけでなく、彼らは実際それはあなたが勤勉だというサインだと思っています。彼らには、そのような実践のための特別な言葉であるinemuriもあります。

日本人はハードワークに高い価値を置き、ベストを尽くします。そして、彼らに疲れているということは、あなたが疲れ果てていることを意味します。もちろん、この種のことにはルールがあります。最初のルールは、直立して寝て、いつでも仕事に戻る準備ができていることです。そして、あなたが上司なら、これで逃げるのは簡単です。

7.建物を通り抜けることができます

はい、あなたは建物を通してそれを正しく読みました。大阪府福島区のゲートタワービルは、16階建てのオフィスビルであり、特別なものではありません。もちろん、たまたま建物を通り抜ける高速道路を考慮しない限り。

高速道路は、建物内の他のオフィステナントと同様にテナントと見なされ、5階と7階の間を通過します。あなたが不思議に思っている場合に備えて、エレベーターはちょうどそれらの床を通過し、高速道路は建物と接触することはありません。単に橋のように通過し、サポートで支えられているだけです。

8.毎春、人々が大きなペニスでパレードする祭りがあります

日本中の人々は川崎に向かい、「鋼の男根の祭り」としても知られる金マラ祭りを祝います。それは豊ferの祭典であり、あなたはそれを推測しました、ペニス。ペニスのロリポップを吸ったり、ペニスのような形をした他のアイテムを購入したりする大規模な独身パーティーを思い出させるかもしれません。

ペニスの巨大な彫像の隣で写真を撮ることさえできます。祭りは病気からの保護を祈っていた売春婦によって17世紀に始まったと言われています。今日、それは安全なセックスとHIV予防についての意識を高めることになっています。良い時間であり、同時に歴史に触れる良い方法のように思えます。

9.線路の上を浮遊して移動する列車があります

ソースソース

前述したように、日本人は電車を非常に真剣に受け止めています。約320 km / h(または200 mph)の速度で移動することが知られている有名な新幹線に加えて、磁気浮上列車は磁石を使用して地上で浮上します。彼らはあなたによってうなり声を上げながら電車の線路の上に浮かぶように見えます。

試運転では、上野原とFu吹の都市間を500 km / h(311 mph)の速さで走行しました。

10.ウサギでいっぱいの島全体があります

「うさぎ島」は大久野島の70万平方メートルの土地であり、島自体には過去がありますが、現在の観光客はたった1つのことだけのためにここに来るでしょう。合計約300。

ウサギは野生ですが、人間に慣れているため、膝の上に飛び込んでニンジンやウサギの餌を食べることも珍しくありません。彼らは彼らに餌をやる観光客に慣れており、地元のリゾートでウサギの食べ物を買うことさえできます。毛皮で覆われた住民で知られる前、島は帝国軍によって致命的なマスタードガスを生産するために使用されていました。

ウサギはもともと、友好的な観光客がニンジンを食べないように、毒の被験者として島に持ち込まれました。しかし、第二次世界大戦後、施設は閉鎖され、すべてのウサギが野生に放されました。

捕食者のいない環境のため、彼らはバニーのように急速に増殖し、観光客に島を訪れるもう一つの理由を与えました。ああ、バニーがあなたのお茶ではない場合、毒ガス博物館も訪れることができますが、生き物と遊ぶためにあなたが訪れたとしても、私たちはあなたを責めません。

おそらくあなたは少し驚いていますが、そうではないかもしれません。いずれにせよ、あなたは日本に興味深い過去があることを認めなければなりません。そして、この国が将来においても強力な力であり続けることを否定するものはありません。

続「これからの日本の戦略」20XX年ロスチャイルド+中国+インドが台頭する【実践実学大学】 (六月 2021)


タグ: 事実日本

関連記事